It likes march tempo
今日も一応生きている。マーチくらいがちょうどいい生き方かも。一日一回は更新しましょう。

プロフィール

ukoku

Author:ukoku
なんとか大学生。
引きこもりにならないことが目標・・・
プロフ↓は別サイトです^^
ukokuのプロフ
↓参加中の同盟↓





FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



メールフォーム

なにかあったらどーぞ^^

名前:
アドレス:
件名:
本文:



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

リンクはフリーです^^相互様も随時受け付けてまーす^^どしどしください~。

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢日記

気がつくと知らない学校にいた。
どうやら私はここの生徒のようだ。

グラウンドを歩いていると硬式テニスのボールが転がってきた。

転がったほうに目をやると小学校からの友人でテニスを続けている友達がいた。
その人ともうひとり。高校の吹奏楽の先輩が何故かテニス部にいた。

二人以外のメンバーは何故か青学のメンバーで手塚部長を筆頭に菊丸、大石、乾、不二、海堂がいた。
マネージャー的な人にあずまんが大王の大阪みたいな子がいたが、性格はしっかりしてた。

よくわからんが久しぶりにコートに入って試合をすることになる。
理由は何故かしらないが菊丸が試合にでれなくなったからだそうだ。
対戦はダブルスで行い。私は友人とペアで、大戦相手は氷帝の宍戸、おおとり。

印象に残ってる台詞は宍戸に「全国なめんなっ!」と言われる。


そういえば全国大会な気がしてきた。ペアとの息は抜群だが如何せんブランクがあり、試合が終わったら練習しようと心に誓う。


というわけで私は前衛としてプレーし、なんとかその試合には勝つものの謎のイップスに陥る。

イップス克服のためにシングルスの練習試合を行う。
大戦相手はNOVAうさぎ。名瀬なのか分からないがえらく強いし喋らない。

試合の最中に先輩が精神に支障を訴える。
なんか分からないが体が半透明になり精神世界に干渉できるようになるマネージャーが、先輩の精神に弁当を届ける。


以上。異常?
電波すぎてわけわらんのでメモ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://marchtempo.blog118.fc2.com/tb.php/1545-90c9f34a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。